これまでの経歴
2006年にクリエイティブ制作担当として医療メディアの運営会社に入社。 その後、クリエイティブ制作から、メディアの運営・ディレクションを行う部署へ異動。 ディレクション業務と兼務で広告運用に携わっていくなかで、 広告運用としてのスキルをさらに磨きたいと思うようになり、転職を決意。 広告運用担当としてD2C Rへ入社し、3年間運用を経験したのち、 現在はプロモーション企画担当としてチームリーダーを務める。
入社のきっかけ・動機
前職では、医療メディアの運営と並行してリスティング広告の運用を担当していました。 D2C R入社後、Google、Twitter、Facebook、LINEと幅広いメディアの運用を3年間担当し、 現在は広告運用の知識を活かして、 顧客とより近い位置でプロモーションを考える業務を行っています。 転職前に入籍したという事もあり、バックボーンのしっかりした会社に入りたいという思いが強く、 電通・docomoの戦略的グループ会社ということもD2C Rを選んだ大きな理由です。
現在の仕事内容
入社後3年間は、運用部に所属しGoogle、Twitter、Facebook、 各種ADNWを使ってプロモーションをする広告運用業務を担当しました。 3年間で得た広告運用の知識を使って、もっとサービスに近い位置に立って プロモーション設計をしたいと思い、プロモーション企画の部署へ異動しました。 D2C Rでは、「これを売らなければいけない」というものは決まっておらず、 クライアントのニーズに合わせて提案を行います。 プロモーション企画のメイン業務は、クライアントのニーズに合わせたプラン設計と、 社内リソースの調整です。 クライアントニーズに沿ったプランを作るには、引き出しの多さ、情報感度がとても重要になります。 そのため、多くの媒体社の方と日頃から商談し、いつでもニーズに沿った最新の情報が出せるように心がけています。 また、個人でもセミナーに参加したり、ニュースサイトで日々アドテクの情報を仕入れています。 クライアントに提案をしたプランが決まったら、実現に向けて案件毎にチームを立ち上げます。 運用部、クリエイティブプランナー、デザイナーと連携し、一丸となってプロモーションを実施します。 それぞれがプロフェッショナルなので意見がぶつかり合うこともありますが、 プロモーションの成功という同じ方向に向かってメンバーで力を合わせて仕事を進めるので、 ROOKIESみたいで楽しいです(笑) いち早く最新のアドテクノロジーをキャッチアップし、社内に共有することで、 会社全体のナレッジの強化をすることもプロモーション企画の重要な任務です。 D2C Rでは、毎週媒体情報共有会が開かれ、部署の隔てなく最新のアドテクや担当案件の情報を共有をしています。 特に重要なトレンドは社内で勉強会を開いて全体のナレッジ強化をすることもあります。
これからやりたいこと
クライアントの「ご用聞き」ではなく、 信頼できるパートナーと思ってもらえるようになりたいです。 プロモーション企画は、クライアントニーズに沿ったプランを設計し、 実現させることが一番の業務です。 ただ、クライアントのリクエストに応えるだけでは、 いわゆる「ご用聞き」でしかありません。 要望に沿うだけではなく、常にもっといいプロモーションはないかを 模索して自ら提案ができる、クライアントから「困ったら君に相談すると解決する」 と言ってもらえるようなビジネスマンになっていきたいです。
一日のタイムスケジュール
10:00
出社
メールチェックや本日の業務を洗い出す
11:00
担当案件の社内ミーティング
クリエイティブ制作の進捗チェック、
運用状況や今後の戦略について話し合う
12:00
昼食
ニュースをチェックしながら、
お弁当タイム
13:00
クライアント往訪
次月のプランについての洗い出し
14:30
媒体社と打ち合わせ
今後の運用や、新メニューの説明など
16:00
ハイタイム
次月のプランをまとめる
17:00
営業と打ち合わせ
ハイタイム中につくったプランについて、
フロント営業と摺合せ
19:00
帰宅
子供がまだ小さいのでなるべくまっすぐ
帰宅します
エンジニア
コーポレート
アカウントプランナー
動画クリエイター
PAGE TOP
ENTRY