D2CR

Interview

広告運用コンサルタント
失敗を繰り返してでも
成長し続ける
趙 在洪
2017年入社
運用コンサルタント
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
前職では主にコーポレートサイトや動画、DTP制作のセールス活動に力を入れる環境だったため、自分が作るウェブサイトや、動画などの制作物が世の中にどのような影響を与えているか、明確に数字で振り返ることができていないことに物足りなさを感じ、転職を決意しました。デジタルマーケティングであれば、自身が関わった広告がどうユーザーに影響を与えているかがわかりやすいと思い、Web広告を中心に転職先を探している中でD2C Rと出会いました。様々なアプリやウェブサービスのプロモーション設計をし、毎日効果改善を重ねることで、目標にコミットしていくことに魅力を感じ、広告運用という仕事に興味を持ちました。また、成長途中の会社ということもあったので、経験を知見として貯めていき、自身の成長が会社の拡大に繋がると思ったので、D2C Rへの入社を決断しました。
現在の仕事内容
アカウントプランナーがヒアリングしてきた与件を元に、クライアントのKPIに沿ったメディアの選定、各メディアの配信キャンペーンの設計/配信、KPIに合わせた各メディアの調整業務やプロモーションの予算管理を日々行っております。時にはクライアントへの提案資料の作成も行っており、日々の運用業務の意図や背景が伝わるようにアウトプットすることを意識しています。また、最近ではPCゲームへも取り扱い範囲を広げ、アプリ/Webプロモーションの両軸で運用コンサルタントとしてのスペシャリストを目指しています。その他では、個人で注力したいメディアの知見を蓄積するために、情報収集や各案件での検証を実施し、成功事例を増やす取り組みも行っています。
仕事のやりがい
運用コンサルタントとして一番やりがいを感じていることは、自分自身で仮設を立てて実施した施策で成果が出た時です。実際に仮設通りにうまくいかない時も多いので苦しむときもありますが、そのような失敗を繰り返し、改善に繋がった時には責任を果たせた気がします。また、最近では貯めてきた知見を新しく入社したメンバーに対してレクチャーを実施するなどトレーナーとして育成も行っており、チーム全体のレベルアップを目標に業務に取り組めていることもやりがいの1つになっています。
現在はゲームクライアントを中心に担当をしておりますが、今後は違う業種の案件にもチャレンジしていき、デジタル広告・マーケティング全般に詳しい人になりたいと考えています。プレイヤー個人としての成長以外にも所属しているチーム全体の成長に繋げられるような、教育・仕組みづくりの活動にもチャレンジしていきたいです。
今後やりたいこと
現在はゲームクライアントを中心に担当をしておりますが、今後は違う業種の案件にもチャレンジしていき、デジタル広告・マーケティング全般に詳しい人になりたいと考えています。社内の様々な経験を経て、個人としてはある程度成長できたと感じておりますが、メンバーの成長に繋げるためにまだまだ取り組める要素がたくさんあります。すでに着手していますが、今後はよりチームの成長につなげる活動を積極的に行っていくつもりです。
自分の得意メディア・業種のレクチャーや、情報共有、他にも教育・仕組みづくりにも力を入れて、これから入社する方々が早く1人前として活躍できるような土台をつくっていければと思っております。
広告運用コンサルタント 趙 在洪
メディア本部 運用部 所属。
大学時代に日本で留学したことをきっかけに、日本企業での就活も並行して行い、新卒で制作会社の営業として入社。1年間、新規開拓を行いながら、コーポレートサイトや動画、DTP制作の社内ディレクション業務を担当。2017年にD2C Rに入社。現在は広告運用コンサルタントとして、プレイヤーとして活躍する一方で、新人運用コンサルタントの教育までを担う。0カロリーの食べ物探しにはまる。
広告運用コンサルタントの募集要項を見る
その他のインタビュー
エンジニア
動画広告エディター
クリエイティブプランナー
クリエイティブデザイナー