D2CR

Interview

データアナリスト
データを駆使し、
プロモーションの価値を
高められる存在へ
山田 健太郎
2020年入社
データアナリスト
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
前職では、データ分析に特化したコンサルティング会社でゲームアプリのデータ分析と、その結果を基にしたコンサル提案を担当していました。分析内容は「継続要因分析、課金要因分析、離脱要因分析」などでした。
課題解決に繋がる提案をすることで、クライアントの喜びを聞けることにやりがいを感じていましたが、徐々に新たな知見を積むことが難しくなってきたと感じていました。次第にゲーム以外のデータ分析に携わりたいという気持ちが芽生え、転職活動を進めていきました。
D2C Rを志望した主な理由は、「通信大手キャリアのビッグデータを用いてデータ分析を行える」という点です。また、様々な業界とお付き合いのある広告代理店でデータ分析を行うことで、「流行りへの対応力」「様々な業界の知識」を積むことができると考え、入社に至りました。
現在の仕事内容
データアナリストには大きく2つの業務に分けられます。それは【BIツールを用いて分析する業務】と【ログデータから必要データを抽出する業務】です。
前者はtableauを用いてデータの整形とビジュアライズを実施しています。案件によって整形の切り口が異なり、ビジュアライズの形も変わるため、「所有データの知識」と「案件の特性・関連性を理解する力」が求められます。
後者はBigQueryやAthena上でクエリを実行し、必要ログや対象アカウントIDの抽出を実施しています。デジタル広告の配信においてはImp・Click・CVのログが取得できるため、それらのデータを用いて広告配信の次なる打ち手を考え、提案することができます。また、自社保有データからターゲティング配信の基になるアカウントIDの抽出も可能です。データアナリストとして分析元データの提供やターゲティング元のアカウントIDの抽出をすることで、プロモーションの効果最大化を支援しています。
弊社のデータアナリストは入社後に、まず「抽出結果を営業に納品する業務」から取りかかり「所有データの知識」を蓄えてから、「分析業務」を実施しデータアナリストとしてのキャリアを積んでいます。
仕事のやりがい
営業の方からの要望に対し、意図を的確に汲み取った成果物を迅速に提供することでプロジェクトに貢献ができた時にやりがいを感じます。また前職時と同様に、感謝の言葉を貰えた時にも同じくやりがいを感じます。
デジタル広告業界であるため移り変わりが早く、スピードを要求される場面が多々あり、突発的にデータ抽出の依頼が来ることもあります。それに対し、「依頼者にヒアリングを行い、意図を汲み取った上で、目的に沿ったデータを抽出する」ことを意識し、スピード感を持って対応する必要があると思います。

また、スピード感は持ちながらも、ただ漠然とデータ抽出をするのではなく、「どういったユーザーをターゲットにして配信し、どういった利益を生みたいのか」まで考えながら業務に取り組んでいます。
ただの作業にならないように常に頭を働かせながら業務を行っていける点もやりがいの1つです。
D2C Rらしさを感じるポイント
D2C Rは自発的に行動すれば成長できる環境だなと感じています。
社歴やポジションに関わらず意見を出して議論し、個人だけでなくチームとしての成果最大化や業務改善を目指している点が魅力的だと思います。
今後やりたいこと
クライアントの利益を生み出せるデータ分析や施策を提案できる人材になりたいと考えています。
自社のデータに関してはある程度把握し、データを駆使できるようになったと思います。ですが、上記のような人材になるためには「データを読み解く力」と「分析結果と案件の特性を理解する力」をつけていく必要があります。

また、通信大手キャリアのデータを扱うことで培ってきた分析の知見を活かし、多くの企業に貢献することでD2C Rの価値を高めていきたいです。
データアナリスト 山田 健太郎
メディアソリューション本部 ソリューション部所属。
学生時代は小中高で11年間サッカー部に所属し、部活動中心の学生生活を過ごす。
新卒でSierの会社にSEとして入社。その後データ分析に興味を持ち、データ分析に特化したコンサルティング会社へ転職。様々な業界のデータ分析を行いたいという気持ちが大きくなりD2C Rへ入社。現在は、データの抽出と分析を担当。
趣味は、サッカー、フットサル、漫画を読むこと。
現在募集している職種の要項を見る
その他のインタビュー
エンジニア
クリエイティブプランナー
プロモーションプランナー
広告運用コンサルタント