D2CR

Interview

動画広告エディター
クリエイターの枠を超える
エディター
芝崎 翔平
2016年入社 マネジャー
エディター
D2C Rに入社するきっかけ/背景
前職の同僚がD2C Rに転職をし、その後、声をかけられたことがきっかけでした。業務内容を伺う中で、制作した映像の効果の良し悪しが数値としてわかるネット広告にとても興味を持ち、働いてみたいと思いました。
実際に、面接を通して話を聞いた際も、効果によって数日で配信を止めることもあるなど、今まで経験してきた制作の現場とは全く違い、制作物の広告効果をダイレクトに感じられる環境に、とてもやりがいを感じました。
また、まだまだ設立して間もない会社なので、自分たちで組織を作り上げていくといった点も、クリエイターの枠を超えた仕事を求めていた僕にとって、とても魅力的に感じ、入社を決めました。
現在の仕事内容
主にYouTube・Facebook・Twitter・Instagramなどのメディアで流す15~30秒程度の動画広告を月100本程度制作しています。
制作した動画の効果が如実に出るため、自分が良いと思う動画を作るというよりも、ターゲットが誰なのかを明確にし、そのターゲットにどうしたら興味を持ってもらえるかを考えながら動画を制作することを、心掛けています。そのために、営業やプランナーだけに企画・構成案を任せるのではなく、自分も打ち合わせに参加し積極的に意見交換を行うことで、ターゲットや制作背景などを常に理解できるようにしています。

最後に、前述の通り、動画広告の使用期間や制作スパンがとても短く早いので、しっかりとスケジュール管理を行うことと、リサイズ等の展開がすぐに行えるような制作の仕方を心掛けています。その結果、流れの早い環境でも納期通りに制作することはもちろんのこと、複数本を同時に制作できるような体制が整えられています。
D2C Rらしさを
感じるポイント
フレンドリーに話しかけてくれる人が多いのがD2C Rの良さかなと思います。フレンドリーなメンバーが多いことで、他部署のメンバーとコミュニケーションが取りやすくなりますし、飲み会や部活動などを通して、業務では関わりが少ないメンバーとも話ができる機会も多いです。業務や部署など関係なくプライベートでも遊びにいくようなメンバーができやすいと感じています。
これからやりたいこと
様々なことに積極的にチャレンジをしながら、動画広告の知見を貯め、自分たちのカラーを業界に押し出していきたいと考えています。また、自分たちで組織を1から作り上げていくということも楽しみながら、チームを大きくし、将来は動画チームだけで広告代理店機能を持てるぐらい大きなチームになって、動画広告といえばD2C Rと言われるようになりたいです。
動画広告エディター 芝崎 翔平
統合プランニング本部 クリエイティブ部 マネジャー。
価値あるクリエイターを目指し、2016年2月D2C Rへ転職。入社後、動画クリエイターとして、ゲームから女性用コスメ商材まで、幅広い案件の動画広告を制作。現在は、企画から制作まで行える、クリエイター兼プランナーを目指し、日々の業務に取り組む。大切にしていることは、子供との時間。
現在募集している職種の要項を見る
その他のインタビュー
データディレクター
プロモーションプランナー
広告運用コンサルタント
アカウントプランナー