D2CR

RECRUIT
ページTOPに戻る

Interview

広告運用コンサルタント
運用力の底上げを
自身の力で実現させる
藤田 純輝
2019年入社 マネジャー
広告運用コンサルタント
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
前職は新築分譲マンションを主な商材とする不動産会社をクライアントに持つインターネット広告代理店で営業を担当していました。1つのジャンルに特化できることでのやりがいを感じていた一方で、取り扱う媒体や配信手法が似通ってしまうことが多く、「もっと広告の可能性や仕組みに詳しくなりたい」と思い、転職を決意しました。

D2C Rへの入社を決めた理由は2つあります。1点目はインターネット利用がモバイルに移っていることを実感していた中で、D2C Rが強みとするアプリ領域のプロモーションに惹かれたことです。また、ブラウザ領域を拡大するという方針も聞いて、前職での自身の知識も生かせそうだと感じました。
2点目は、後に直属の上司になる社員との内定後の面談を通して、純粋にこの人と働いてみたいと思ったことです。そのとき複数社から内定を受けていた自分に、「そっちの会社ならちゃんとしたやり方が学べるし、D2C Rでなら新しいやり方を自分で作れるよ」とアドバイスを受けたことが印象に残っています。入社してみて、実際にいろんなことにチャレンジさせてもらえていると思います。
現在の仕事内容
運用メンバーとしていろんな案件を経験して、現在はSNSメディアを中心に広告運用・グロスアップを目指すチームのマネジメントを担当しています。

チームの具体的な業務は大きく2点。1点目は、担当メディアの実運用と、それに伴うノウハウづくりです。結果の要因を細かく分析し、改善施策を考えて、クライアントのKPIに寄り添いつつ、同時に担当メディアの拡大も目指します。2点目は、社内の媒体担当です。さまざまな質問や問合せに対応しつつ、媒体側に担当者がいる場合は、定期的にMTGにも出席します。

また、新規プロモーションのコンペ提案にも参加します。担当営業や戦略担当と提案全体の方向性を話し合った上で、それに沿ったメディアの選定や運用方針を考えて資料に落とし込むまでを担当します。メディアの方針は提案の説得力に大きく影響するため、コンペ期間中は考える時間も多く正直苦しいですが、その分自分の成長を実感できます。
仕事のやりがい
自身で考えた方針でのKPI達成や、分析内容をきっかけに効果改善するなど、広告主の期待に応えられたときにやりがいを感じます。特に、アプリ案件は前職で担当していた案件と比べても目標となるCPA単価が安く、その分求められるCV数も多いです。そのため、1つ1つの施策に対するインパクトが大きく責任感も強く感じます。

私個人としては、マネージャーに昇格し、メンバーとの1on1や育成に取り組む中で、メンバーとして業務に取り組んだ経験を通じて、自身の知見やスキルが溜まっていて、それがまた新しい形で会社の発展に繋がっていることを実感できてやりがいに繋がっています。
D2C Rらしさを
感じるポイント
組織としてフットワークが軽いところです。自分が「やりたい」と思ったことはほとんどやらせてもらえる環境だと感じています。実際に私も、自分の知見を深めるために「大型案件に携わりたい」と当時の上長に伝えたら、次の日から案件チームに参加させてもらえました。他のメンバーでも意思を持って手を挙げた社員に機会を与えていることが多い印象です。また、上長との距離も近いので相談や意見が言いやすい環境は整っていると思います。
今後やりたいこと
メディア部をもっと大きく強い組織にしていきたいです。運用型広告はどの会社でも扱えるため、他代理店に負けないためにも、運用ノウハウや知識面でのレベルアップをしていきたいと考えています。直近ではチームが新しくなり自身もマネジャーになったばかりなので、まずはチームとしての地盤を固めていくのが課題です。
広告運用コンサルタント 藤田 純輝
メディア&ソリューション本部 ソーシャルメディアソリューション部 所属 マネジャー。
生まれから大学まで埼玉で過ごす。2017年にWEB広告代理店に新卒として就職後、2019年にD2C Rに入社。運用部へ配属となり、アプリ・ブラウザ案件を複数担当。2022年よりマネジャーに昇格し、現在はSNS媒体を中心としたチームのマネジメントを担当。趣味は過食、特技は後悔。
広告運用コンサルタントの募集要項を見る
その他のインタビュー
クリエイティブプランナー
ストラテジックプランナー
広告運用コンサルタント
アカウントプランナー