D2CR

Interview

エンジニア
活発なコミュニケーションで
プロジェクトを成功に繋げる
山浦 裕貴
2017年入社 リーダー
エンジニア
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
新卒で独立系Sierに入社しお客様先でいくつかの開発に携わっていましたが、その中でも特にスマホアプリ開発に興味を持ちました。しかし、Sierという特性上、タイミングによって案件内容が変化するので、常にスマホアプリ開発に関われる環境ではありませんでした。それがきっかけで転職を決意し、アプリ開発ができる会社や自社でアプリをリリースしている会社をメインで探していました。その中で、アプリに特化した広告代理店であったD2C Rの存在を知り、開発以外にもマーケティングやプロモーションの知識もつけることができれば自身の強みになると思い入社を決めました。また、当時はエンジニアは数名しかおらず、開発もほぼベンダーさんに任せている状態でした。社内開発に移行する背景から、1からチームを作っていけるという環境にも魅力を感じ、自分もそこに携わりたいと思ったのも入社を決意した理由です。
現在の仕事内容
D2C R システムチームの仕事内容は幅広く、主に2つあります。

1つめは、サービスの開発・運用・保守です。D2C Rの主要サービスであるART DMPの他に、クライアントとクリエイティブデータなどのやりとりを行うATELIERなどを運用しています。
私以外の社内のエンジニアリソースは、ほぼART DMPの開発に当てられています。ART DMPの担当者は機能追加や運用・保守だけではなく、広告配信に活用するデータの抽出なども行っています。
私が担当しているATELIERに関しては、開発自体は外部のベンダーに委託をしているので、開発ディレクションがメイン業務となります。
クライアントや社内からの意見や要望をまとめ、ベンダーと調整を行うのですが、双方とのコミュニケーションを密に取ることに重点を置き、認識違いや開発の遅延が起きることがないように心がけています。

2つめは、社内業務効率化のためのシステム(ツール)開発です。
社内メンバーの「この業務を楽にしたい」「こんなツール作れない?」などといったざっくりしたオーダーから、機能要件をまとめ開発を進めていきます。基本的には一人で開発を行っているので、環境や言語に関しては自由です。新しく使ってみたい言語やフレームワークを使って、自身のスキルアップにも繋げています。

その他、LPやインフォグラフィックのようなページ作成や、Google Tag Manager・Google Analyticsなどの設定を行うこともあり、開発知識以外にもエンジニアとして知識の幅が広がります。
開発スキルに+αの
知識をつけられる
環境
転職活動時は、単にスマートフォンアプリ開発ができる環境を軸に活動していましたが、D2C R がアプリマーケティングに特化した会社であるということを知り、開発以外にプロモーションの知識もつけられる環境に魅力を感じ入社を決意しました。また、ベンチャー企業らしく、挑戦しやすい環境ではあるものの、電通・docomoといった企業のグループ会社であることも入社を決めた要因です。
これからやりたいこと
引き続き社内の業務効率の改善につながるシステムやツールの開発に注力していきますが、新規プロダクトも任されているので、どちらもプロジェクトも満足度の高いものとなるよう、取り組んでいきたいと思います。
また、中途採用だけでなく新卒採用を開始するなど今後もチームの人数が増えていくと思うので、自身の担当している開発だけではなく、チームのマネジメントもできるような人材を目指したいと思います。
エンジニア 山浦 裕貴
メディア本部 システムチーム 所属。
前職は独立系Sierでスマートフォンアプリの開発などに従事。
現在はGRiD Platform for docomo Ads の開発リーダーを担当。
その他新人教育や社内開発のディレクションなども担う。日課は愛犬とのランニング。
エンジニアの募集要項を見る
その他のインタビュー
クリエイティブプランナー
ストラテジックプランナー
クリエイティブデザイナー
アカウントプランナー