D2CR

RECRUIT
ページTOPに戻る

Interview

アカウントプランナー
関わる人全員の
幸せを叶えるプロモーションを
矢野幹大
2020年入社 リーダー
アカウントプランナー
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
前職では広告制作会社でオン・オフ問わずクリエイティブ制作のディレクションを担当しておりました。元々、学生時代は教員志望でしたが、「広告会社が広告を用いて世の中に商品の良さを伝えること」と「教師が教材を用いて生徒に勉強を教えること」に親和性を感じ、学校環境よりもより幅広い世界である広告業界に飛び込むことを決め、その中でも「クリエイティブ」という最もユーザーに身近なものを作れる制作会社へ入ることへ決めました。入社後、自身が携わった広告物が世の中に出ることの嬉しやややりがいを感じていたものの、徐々に自分の中で「プロモーション全体像の決定に携わってみたい」という気持ちが芽生え、転職活動を行う中でD2C Rに出会いました。D2C Rにはゲームアプリ黎明期からの様々なクライアント様のプロモーションに貢献してきたという明確な強みがあり、自分が求めるプロモーション全体の企画立案から参画できる環境だと思い入社を決めました。
現在の仕事内容
入社以来アカウントプランナーとして、主に国内外のゲームクライアント向き合いを行っており、今年度からは業種問わず様々なクライアントを担当しています。業種・広告主によって抱えている課題やニーズは異なるため、相手を理解することを大前提に各クライアントに沿ったプロモーション戦略を立案し、ファネル毎にオン・オフ問わないソリューションを提供しています。その他にも社内でのプロジェクトのディレクションや外注先との折衝など、幅広い領域を担当していますが、どのステークホルダーに対しても自身がメインで向き合うことができるため高い裁量権を持って業務を行っております。
仕事のやりがい
クライアントから「矢野さんだから」と指名されたときにやりがいを感じます。世の中に数多く広告代理店がある中で指名してもらえることは業務を遂行する上で非常に大きなモチベーションに繋がります。ただ、評価をいただいた際に誤解してはいけないのが「自分一人の成果ではない」ということです。自身はアカウントプランナーとして前線に立っているため直接クライアントの声を聞けているだけで、社内のプロジェクトメンバーや協力会社の力添え無くして仕事は成り立たないからです。業務を行う中で常々意識していることは「関わる全員が幸せになれているか」ということです。アカウントプランナーは運用者やデザイナーとは異なり1つの領域に特化しているわけではない分、多くいるステークホルダーの中で一部に比重が偏っていないかを観察し、偏っている場合は均一になるよう調整することを意識しています。この裁量権の高さもアカウントプランナーならではのやりがいであり、自身が納得できるプロジェクト進行ができた上でクライアントから評価をいただいた際、最もやりがいを感じることができます。
D2C Rらしさを感じるポイント
D2C Rは前向きなチャレンジや提案には耳を傾けてくれて、真剣に向き合ってくれる会社です。また、入社当初から風通しの良さも感じていて、こういった環境がメンバーが意見を言いやすくする土台にもなっていると思います。私自身も経験が少ない状態でも積極的に手を挙げることで会社としての注力案件に参加させてもらい、案件進行をする中で成長を感じることができたので、今後もさらに成長していくために積極的に声を上げ手を挙げていくつもりです。
今後やりたいこと
クライアントの・社内メンバーの良き理解者になりたいと考えています。アカウントプランナーは業務の上で様々な人たちと関わります。一人一人がそれぞれの会社から求められている役割が異なるため、できる限り全員が役割を全うできるようにするためには私たちアカウントプランナーが間に入り調整を行っていく必要があります。その調整を行うためにも相手のことをよく理解することが重要になるため、一人一人の話を深く聞いて理解をしようと努めています。その結果、プロジェクトの成長に繋がったりクライアントとの関係性もよくなり、最終的には会社や世の中に貢献できるようになると信じているからです。
アカウントプランナー 矢野幹大
第二営業本部 営業一部 リーダー。
2020年にD2C Rへ入社。ゲーム営業部に配属され国内外のゲーム会社を中心に営業活動を行い、現在は業種問わず様々な広告主に対して新規・既存問わず課題解決の提案を行っている。趣味は読書、ジム、ゴルフ。
現在募集している職種の要項を見る
その他のインタビュー
広告運用コンサルタント
データディレクター
エンジニア
ストラテジックプランナー