D2CR

Interview

クリエイティブプランナー
クリエイティブで
コミュニケーションをデザインする
小嶋 一穂
2018年入社
クリエイティブプランナー
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
前職では、クライアントのプロモーション内容に合わせた広告企画を立案する業務とクリエイティブディレクターとして、バナーやランディングページの戦略設計や制作管理を行っていました。元々「人がこだわりを持って作ったモノ」が好きで、制作物の意図や制作者独自の視点に興味がありました。就職活動の際にも「色々な企業を相手にしたデザイナーが多い会社」に就職したいと思い、広告代理店に就職しました。しかし前職では、基本的に外注のデザイナーとの電話が多くで、コミュニケーションを近くでとることが少ない環境でした。
もっとデザイナーとコミュニケーションを取りながら業務が進められる会社を探している中で、D2C Rに出会いました。当時クリエイティブプランナーという職種が発足したばかりでしたので、自由度高く、前職の経験も生かしながらクリエイティブ戦略を練ることができると感じ入社を決めました。
現在の仕事内容
クリエイティブプランナーという立場で、クリエイティブを用いた戦略プランニングをしています。具体的な業務としては、クリエイティブ戦略策定、ラフ案の制作進行、効果改善を行います。案件のオリエンテーションからターゲットを決め、リサーチ、コンテンツ分析をして、訴求軸の大枠を固めます。次に決定した訴求軸に従って、具体的にどんなクリエイティブにするか表現を考えながらラフ案を制作し、デザイナーとコミュニケーションをとっていきます。デザイナーにもクリエイティブの効果を共有しており、案件に対して共通の課題・目的意識を持ちながら制作をしています。クリエイティブプランナーはどうすれば作成した広告が一番効果的にユーザーに届くか考えるのも大事ですが、戦略に落とし込んだクリエイティブ案をより具体的にかつ円滑に制作できるよう調整する力も必要になります。
仕事のやりがい
クライアントの課題に対してクリエイティブを通してアプローチすることができた時とてもやりがいに感じます。例えば、戦略ゲームアプリの場合は、ライトゲームユーザーにとってカジュアルゲームに比べてゲームに対するハードルが高く、新規ユーザーが増えにくいといったコンテンツが持つ課題や、旅行会社においては、オフシーズンの獲得が鈍化するなど、売上にダイレクトに影響する課題を抱えているケースもあります。そこに対してクライアントの目標数値であるCPIや継続率などの数字面での改善はもちろんのことクリエイティブを通して課題そのものにアプローチすることが出来たときは、パートナーとして役割を果たせた実感を感じることができる瞬間であり、やりがいでもあります。

その他にも、クリエイティブを通してユーザーのポジティブな声を拾えた時にすごくやりがいを感じます。自身が作成した広告で「サービスを開始した」や「アプリをインストールした」といった声を見つけると自信にも繋がります。
クリエイティブはユーザーの感情にアプローチができるので、自分が作成した広告に対するユーザーの生の声を目にした時の喜びはひとしおです。
D2C Rらしさを
感じるポイント
D2C Rは自身が望めばいくらでも成長できる環境が整っていると思います。自己啓発支援制度という制度があり、事前に申請することで外部研修を受けられます。また、チームメンバーの成長に対する意識がとても強く、自分だけではなくチームとして価値を発揮していけるような情報の共有や、チームの仕組み作りが積極的に行えています。やる気のあるメンバーの中で働けることに楽しさややりがいを感じています。
今後やりたいこと
まずはクリエイティブにおけるコミュニケーションデザインを通し、コンテンツのファン創出に力を注ぎたいです。「顧客のファンを創る」は会社のミッションであるため、ミッションの達成をまずは目指していき、クライアントのコンテンツに対する思いをデザイナーや社内を始めとし、広告の先のユーザーにまで伝わるようにしたいです。

また、デジタル領域問わず、クリエイティブで出来ることは何でも取り組んでいければと思っています。これまでも多様化してきたWeb広告がWebと現実の垣根を越えてさらに多様化していくのであれば、臨機応変に対応できるスキルを身に着けながらテキスト広告がバナーに、GIFに動画になっていったように媒体などに合わせ多様化した広告の形に、合わせたクリエイティブを作っていきたいです。
クリエイティブプランナー 小嶋 一穂
統合プランニング本部 クリエイティブ部 所属。
大学では、日本美術から現代アートまで幅広く学ぶ。博物館・美術館などの制作者の背景や意図をくみ取った展示に興味を持ち、博物館学芸員資格を取得するも、制作者の近くで働きたいと広告代理店へ。広告戦略を立案するアドプランナーを経験後、バナーやランディングページの戦略設計、制作管理業務に従事。よりクリエイティブを多く制作し、自由度の高く挑戦できる環境を求め2018年にD2C Rに入社。趣味はフィルムカメラを片手に旅行に行くこと。
現在募集している職種の要項を見る
その他のインタビュー
データディレクター
広告運用コンサルタント
クリエイティブデザイナー
広告運用コンサルタント