D2CR

Interview

プロモーションプランナー
人間力を高め、
真のビジネスパートナーへ
井上 義隆
2017年入社 リーダー
プロモーションプランナー
D2C Rに入社する
きっかけ/背景
就職活動では「会社の名前や肩書ではなく、自分の名前で働けるビジネスパーソン」になることを軸とする中で、前職は繊維系商社のセールスとして入社しました。物心がついたときから洋服が好きで、熱量が伴えばその会社内でも一人のメンバーとして信頼を得ることができると考えたからです。当時は海外ブランドのライセンス商品を百貨店に卸すルートセールスに従事しながら、自らの影響力を付けるためにファッションブログの運営を行っていました。このブログメディアの宣伝活動をきっかけに、Webプロモーションを生業とするWeb広告代理店へ強く興味を抱くことになります。その中でもD2C Rは成長段階の会社で、個人としての力を高められる環境が整っていると感じたため入社を決めました。
現在の仕事内容
プロモーションプランナーとしてダイレクトレスポンス領域を中心とした業界を担当しています。クライアントが抱えている課題やニーズを読み取り、Web広告を使って解決策を提供するソリューション型の営業スタイルです。また、顧客に提案をするだけではなく、社内のディレクションを行うのも仕事のひとつです。具体的な業務としては、クライアントからヒアリングした課題を社内の運用コンサルタント、クリエイティブプランナーなど各領域の担当に共有し、課題を解決するための戦略を提案します。また、提案が認められてプロモーションを開始してからも、クライアントとディスカッションを重ねながら新たな施策を講じていきます。このようにプロモーションを通してクライアントの事業を成長させる事が広告代理店のミッションなのですが、ビジネスパートナーとして一番近い距離で企業のマーケティングに関わることができるのがプロモーションプランナーの醍醐味です。
仕事のやりがい
クライアントにビジネスパートナーとして信頼していただけた時にやりがいを感じます。
インターネットを専業とした広告代理店の中でもD2C Rはまだまだ発展途上の会社です。そういった現状でも、数ある企業の中でパートナーとして指名を貰えることが増えてきました。企業というブランドではなく自分たちが考えたプロモーション戦略が認められたことが実感できます。そして、その先頭に立つのがプロモーションプランナーです。広告運用の戦略やクリエイティブの方針は、基本的にプロモーションプランナーが舵を取って導いていくため、プロモーションの戦略を生かすも殺すも自分次第です。どれだけ運用のノウハウとクリエイティブな発想を持っていたとしても、それがニーズに沿っていなければ意味を成しません。そしてクライアントと本音で議論する信頼関係を築けていなければ、ニーズの核心をつくことはできません。Web業界といえども、結局は「人対人」で仕事は成り立ちます。このプロモーションプランナーという職種は、デジタル広告の知識やスキルだけでなく人間力が磨かれる職種だと思っています。
今後やりたいこと
個人としての力を通して会社に貢献できるようなビジネスパーソンになりたいです。会社の先頭に立ってクライアントと信頼関係を築くことが、企業としての価値を高めることに繋がると考えているからです。D2C Rは成長段階の会社で業界内での認知度を高められる可能性を秘めている会社です。自分が学び培った事をリーダーとしてチームにも伝えていくことで、メンバーとともに世の中に存在感を示していけるような会社を作っていきたいです。
プロモーションプランナー 井上 義隆
第一営業本部 コミュニケーションデザイン部 リーダー。
2017年にD2C Rへ入社。営業部に配属後、ダイレクトレスポンス領域の広告主を中心とした新規開拓営業に従事し、現在は同部署のチームリーダーを担当。本業の傍ら、ファッションに関連するWebメディアとYouTubeを運営している。
プロモーションプランナーの募集要項を見る
その他のインタビュー
クリエイティブデザイナー
データアナリスト
ストラテジックプランナー
エンジニア